基本業務

ななほし会計のポリシー

歯科業界に関わる全ての人を幸せに
院長はもとより、そこで働くスタッフ、取引企業、ひいては患者の幸せのために、会計税務という枠にとらわれず、歯科業界を知っている我々にしか提供できないサービスを追求し、医院の新規開業、医院のさらなる成長をサポートしていきます。



ななほし会計の基本業務

記帳代行、試算表作成 売上、経費、利益がどうなっているか、キャッシュフローがどうかを理解していただくため試算表という報告書にまとめお渡しします。 また、試算表だけではわからない、「新患数」「キャンセル率」などのデータもグラフ化するなどわかりやすい資料で報告します。
定期訪問 毎月訪問を原則としていますので、密にコミュニケーションを取り、タイムリーに業績や経営上の問題を理解し、節税や資金繰りなどの対策を事前に行います。 医院様の状況に応じて3カ月に1回など訪問頻度を変えることも可能です。 また、訪問時に限らず、メールや電話でいつでもご相談をお受けしています。
納税予測 6カ月経過後、決算直前の年2回の頻度で納税シミュレーションを行います。 事前に納税予測を立てることで、資金繰り対策が打てると同時に、節税対策も検討することができます。
年末調整 事前の提出書類の配布、説明、回収から還付額のお知らせまで一貫して行います。 スタッフさんの過去の年末調整結果と比較し控除漏れがないか確認をするなど、一歩踏み込んだ確認作業も行っています。
確定申告・法人決算 1年間の会計データに基づき、個人医院であれば確定申告を、医療法人であれば法人決算を税務署に申告します。 医療法人の場合はさらに、都道府県への決算届、法務局への登記、議事録の作成なども含めて対応します。 優遇税制や節税対策など、少しでも顧問先のメリットになるものを網羅的に検討します。
税務調査対応 歯科特有の調査項目で事前にリスクを回避するとともに、「書面添付制度」も活用し、可能な限り税務調査を受けない対策を取っています。



ななほし会計の取り組み

♦ カンファレンス
職員全員で全顧問先の検討会を毎月行っています。
・業績はどうか
・最優先の経営課題は何か
・スタッフの入退社はあったか
・こんな情報も提供した方が良いのではないか 等

担当者だけではなく、職員全員で話し合うことで、他医院の事例など、担当者とは違った様々なアイデアが出るため、より深い情報提供が可能になります。 また、万が一、担当者が変更となった場合でも、常日頃から情報共有し、全クライアントに愛着を持つことができるので、担当者ごとにサービスの質にバラツキがあるという会計事務所特有の問題点もカバーでき、大きな問題が生じにくくなります。


♦ 全職員のプロフェッショナル化
これからの時代、単に会計ソフトに入力をするだけのスキルではAIに取って代わられてしまいます。
そこで、すべての職員に対し、税務の知識習得はもちろんのこと、歯科業界に関する知識や経営に関する知識、についても研鑽を積むよう研修を行っています。

ページトップ