スタッフ紹介 医科歯科専門の税理士 大阪/兵庫/京都/滋賀 ななほし会計事務所

歯科/医科専門税理士 大阪市中央区 ななほし会計事務所 0120-929-835 無料相談申込
歯科 大阪 税理士 サービス内容・料金 万全のサポート体制 ご契約までの流れ スタッフ紹介 お客様の声 会社概要
クリニック開業支援
万全のサポート体制
よくあるお悩み
私たちの考え方・ポリシー
提携士業・企業様のご紹介
アクセスマップ
〒541-0053
大阪府大阪市中央区本町1丁目5番7号
西村ビル8012号室
・大阪市営地下鉄堺筋線、中央線
「堺筋本町」駅
12号出入口から徒歩1分
facebook

スタッフ紹介

ななほし会計事務所 代表
公認会計士・税理士 佐伯 直毅
公認会計士登録番号(28510号、日本公認会計士協会 近畿会所属)
税理士登録番号(124356号、近畿税理士会 東支部所属)


1982年6月22日、兵庫県豊岡市生まれ

2006年 神戸大学経営学部 卒業

2007年 有限責任監査法人トーマツ 入所

2011年 医科・歯科専門のコンサル系会計事務所 入所

2013年 ななほし会計事務所 開業
何でもご相談ください!
幼少時代
幼少時代1982年、城崎温泉とコウノトリで知られる兵庫県豊岡市で3人兄妹の長男として誕生しました。

当時の豊岡はコンビニもファーストフード店もない田舎でしたが、
豊かな自然と温かい人に囲まれ、小川でのザリガニ採りや神社での草野球に明け暮れる少年時代でした。

もともと、真面目で責任感が強いいわゆる優等生タイプだったため、
中学は野球部、高校は硬式テニス部でキャプテンを任されることに。

一方で、「人と同じことはしたくない」「サラリーマンにはなりたくない」が口癖で、昼休みに同級生を集めて人生観を熱く語ったり、小説を書いてみたり、すこし変わり者の一面もあったのかもしれません。
大学進学と再受験という転機
大学進学と再受験という転機 当時の物事を決める判断基準は「好きか嫌いか」ではなく「得意か不得意か」でした。
高校時代、数学や化学が得意だった私は何の迷いもなく工学部に進学しました。

しかし、物理や化学、プログラミングなどの授業に全くついていけず、
自分はこのままで良いのだろうかと自問自答するつらい毎日でした。
思えば、これが私にとって初めての大きな挫折だったように思います。

初めての都会暮らし、初めての大学生活でたくさんの刺激を受ける中、
「自分が本当にやりたいことは別にあるのでは」と思いいたり、
入学してすぐの夏休みには仮面浪人となることを決意。

昔から経営やビジネスに興味があったことから、何となく関係のありそうな経営学部を選びました。
3年待って転学部という選択肢もあったのですが、3年も待っていられないと、すぐにセンター試験の問題集を買いに走りました。

半年間の猛勉強の末、春には無事に経営学部に合格し、再スタートを切ることができました。
このとき思い切ってチャレンジしたことが、私にとっては大きな転機となりました。

「遠回りしてもいいじゃないか」「やらずに後悔だけはしたくない」「思い立ったが吉日」
という今のポリシーに大きく影響しています。
公認会計士という資格との出会い
真面目で優等生タイプという周囲の見方とは反対に、自分の中には「人と同じことはしたくない」、
「常識のある変わり者でありたい」「何かでっかいことを成し遂げたい」そんな思いがずっとくすぶっていました。

それと同時に「人の役に立つ仕事がしたい」「人から必要とされる仕事がしたい」という想いもありました。

しかし、人の役に立つためには、自分が成長しなければならないことも痛いほどわかっていました。
いまの自分には一体何ができるんだろうか…そんな劣等感との戦いだったのかもしれません。

そんな中、たまたま友人との会話の中で公認会計士という資格を知ることになります。

合格率1ケタ台という難関資格でしたが、上場企業を相手にしたダイナミックな仕事と、
将来の独立に繋がるのではとの思いから、思い切って受験を決意しました。
会計事務所勤務時代
これからの時代は、単に記帳代行するだけ、単に決算書を作るだけの会計事務所では、クライアントに満足してもらえない。
何か1つ、プラスアルファの強みを持たなくてはいけない。

そんな思いから、コンサルティングを得意とする会計事務所の門を叩きました。

その事務所では多くの医院クライアントを抱えており、私も30ほどの医院様に対して、様々な経営相談を行いました。
様々な売り上げ規模の医院を見る中で、また様々なタイプの院長先生とお話する中で、ある1つの現実を目の当たりにしました。

悩む院長それは、院長が常に孤独や不安と戦いながら、必死で診療と経営を両立させようと奮闘される姿でした。

歯科を中心に経営環境は厳しくなる中、医療が専門である医師が
慣れない経営もしなければならないというストレスは尋常ではないように感じました。

そのような厳しい環境にあっても、よりよい診療やスタッフの幸せを本気で考える先生方とお話する中で、悩みを聞きともに考えサポートしてくれる相棒のような存在が強く求められていることを肌で感じたのです。
ななほし会計事務所開業
2013年、大きな夢と希望をもってななほし会計事務所を開業しました。

「院長が過度のストレスから解放され、不安なく診療や経営に専念できる環境を作ってあげたい」
「情熱をもって誠実に努力される先生が、当たり前に成功されるためのお手伝いをしたい」


それが、医療機関専門の会計事務所を自ら立ち上げるに至った動機です。
それと同時に、会計事務所業界にも一石投じたいと考えています。

ななちゃんより多くの先生方を支援するためには事務所の規模拡大が必須です。
しかし、現在の会計事務所業界のお世辞にも恵まれているとは言えない労働環境においては、スタッフの定着率も上がらず、十分な教育もできず、結果として医院様に良いサービスを提供することができません。

付加価値の高いサービス、ITを駆使した業務効率化、独自の教育システム、人情味のある人間関係。これらの要素を会計事務所に取り入れることにより、本当の意味で医院様に喜ばれるサービスが提供できると確信しています。


大手の会計事務所には真似のできない、新時代のサービスを常に追い求めます。
ななほし会計事務所とともに成長していきたいとお考えの先生、是非一緒に新時代を切り開きましょう。
趣味
趣味高校から始めた硬式テニスはいまでも続けており、月に数回は足がつるほど真剣に汗を流しています。

家でテレビはほとんど見ませんが、木曜夜10時からの「カンブリア宮殿」と日曜夜11時からの「情熱大陸」はモチベーションが半端なくあがるので、妻も無理矢理付き合わせて欠かさず見ています。


将来の夢
将来の夢将来、と言っても老後の話ですが、妻と二人で田舎の喫茶店を開くのが小さな夢です。
名前は「ななほし珈琲店」でしょうか。

私はお客さんの人生相談(時に税務相談)を受けながら、こだわりの珈琲をいれるマスター。
妻は100時間煮込んだ少し甘めのカレーを出すシェフ兼ウエイトレス。

これから多くの医院様と出会い、正面から向き合う中で、自分自身が「味のあるマスター」に相応しい人間になれるよう、全力でチャレンジしていきたいと思っています!


トップページ
サービス内容
料金について
ご契約までの流れ
スタッフ紹介
お客様の声
会社概要
万全のサポート体制
クリニック開業支援
よくあるお悩み
私たちの考え方&ポリシー
経営ノウハウ
提携士業・企業様のご紹介
WEB無料相談
Google+
お電話お問い合わせ 受付時間/9:00~18:00(土日祝を除く) 0120-929-835 どうぞお気軽にお問い合わせください。
24時間受付WEB無料相談 訪問可能エリア:大阪、兵庫、京都、滋賀 顧問契約対応エリア:全国