お客様の声 医科歯科専門の税理士 大阪/兵庫/京都/滋賀 ななほし会計事務所

歯科/医科専門税理士 大阪市中央区 ななほし会計事務所 0120-929-835 無料相談申込
歯科 大阪 税理士 サービス内容・料金 万全のサポート体制 ご契約までの流れ スタッフ紹介 お客様の声 会社概要
クリニック開業支援
万全のサポート体制
よくあるお悩み
私たちの考え方・ポリシー
提携士業・企業様のご紹介
アクセスマップ
〒541-0053
大阪府大阪市中央区本町1丁目5番7号
西村ビル8012号室
・大阪市営地下鉄堺筋線、中央線
「堺筋本町」駅
12号出入口から徒歩1分
facebook

これまで仕事をしてきてうれしかったお客様の声

「院長は佐伯さんと話す時間がものすごく心地よくて、モチベーションが上がるみたい」(A医院奥様)
佐伯 直毅 院長はスタッフに関する悩みを抱えられており、
これまで孤独感を抱えながら医院経営に取り組んでおられました。
医院経営は孤独なものです。

「何について悩んでいるのか」「何が問題なのか」

毎月膝を突き合わせてお話させてもらう中で、院長はご自身の考えを整理され、
今後どうすれば良いのかを明確にされていく様子が私にもわかりました。

「本当は売上1億を目指したい」、そんな夢についても熱く語っていただき、
私も本気でサポートしたいと感じました。

奥様から院長の感想をお聞きし、具体的なサービス内容もさることながら、
モチベーターとしての会計事務所の役割の重要性を再認識した瞬間でした。
「あのとき融資を通してくれなかったらどうなっていたか・・・本当に感謝しています」(B医院様)
佐伯 直毅 その医院さんでは、突然のトラブルにより、
運転資金のショートしそうな危機的状況にありました。

今月中に1000万の融資を受けられなければ、スタッフのお給料が払えない…。
そんな差し迫った状況の中、私は金融機関に頼み込み、
最速で融資実行まで到達できるよう走り回ったのです。

それまでの金融機関との信頼関係のおかげもあり、
融資申し込みから1週間で面接と審査が無事完了し、
2週間後には何とか運転資金を確保することができました。

私は会計事務所の大きな役割として、
いざというときにどれだけ本気になれるかが重要だと考えています。

それは、普段手を抜くということではなく、非常事態にはこれまでの恩返しの意味も込めて、
どれだけ親身になった対応ができるかということです。

これは大きな組織にいる場合にはとても難しいことかもしれません。
ただ、「顧問会計士」と名乗る以上は、そこまでする覚悟がなければいけないと思うのです。
「誰にも相談できないようなことでも全部聞いてもらって、それだけでも救われた」(C医院様)
佐伯 直毅 会計事務所は主に医院の数字についての話をするのが仕事です。

しかし、実際の現場で院長が抱えている悩みというのはそれだけに留まらず、
住宅ローンのこと、お子さんの進学や学費のこと、親族の相続問題のこと、
そんなプライベートなことまで多岐に渡ります。
時には夫婦喧嘩の相談まで受けることもあります。

それを「私の専門ではないので」「サービス内容に含まれていないので」と
聞く耳を持たないのは本末転倒だと思うのです。

我々のミッションは「院長が診療と経営に専念できる環境を整えること」。
そのためには、直接医院経営に関係ない悩みであっても、
相談に乗るという姿勢が重要ではないでしょうか。

あまり合理的ではない話ですが、
聞いてもらっただけで心が軽くなるという効果は、確かにあるのだと思います。
「変わらないといけないとは思っていたが、実際に行動を起こすきっかけをくれた」(D歯科医院様)
佐伯 直毅 こちらは開業20年のベテランの歯科医院さんでした。
歯科業界の古き良き時代を経験されており、
その分、ここ数年の売上が伸び悩んでいる状況に不安をお持ちでした。

そして、何かを変えなければいけない、何か行動を起こさなければならない、
そんな焦りを抱えながら日々の診療に取り組まれていました。

「アポ帳を見る限りチェア台数が足りません。チェアを追加しましょう」
「衛生士さんをもう一人採用してみませんか」
根拠に基づきそんなご提案をしたところ、先生はすぐに決断をし、行動に移してくださったのです。

何かと言い訳をしながら一向に行動を起こそうとしない先生が少なからずいらっしゃる中、
このように変わる勇気を持っている先生はきっと成功されるだろうと感じました。

そして、一緒になって成功を応援したいと強く感じました。
「こうやって無事開業できて、開業後も順調にきているのは佐伯さんのおかげ。開業する予定の後輩Drがいたら、紹介するね」(E医院様)
佐伯 直毅 とにかく行動力がある、わからないことがあったらすぐに質問してこれらる、そんな先生でした。
明るい人柄にもひかれ、「絶対、この先生の開業を成功させたい」そう強く思ったのをいまでも覚えています。

事業計画書の作成、融資交渉に始まり、スタッフ採用のアドバイス、ホームページのアドバイス、
税務書類の提出に至るまで、すべての開業準備をお手伝いさせていただきました。
そして開業後は初月からフル稼働状態という見事な立ち上がりを実現されました。

「この先生だったら、こちらが何もしなくても成功されるだろう」
実際はそんな風にも思っていました。

しかし、開業後3か月ほど経ったある日、
こうやっていま忙しくできているのは佐伯さんのおかげ、とうれしいお言葉を頂戴したのです。

これは、私がこの仕事をしていてよかったなと心から思える瞬間でしたし、
この仕事を一生の仕事にしようと思えた瞬間でもありました。
「医院の数字について何にも知らなかったが、佐伯さんが来てくれるようになってから、自分の医院の数字はだいたい把握できるようになった、漠然とした不安がなくなった」(F歯科医院様)
佐伯 直毅 この医院さんでは、
先代からお付き合いのある税理士さんからの変更でお付き合いがスタートしました。

それまでは試算表や決算書を年に数回受け取るだけで、丁寧な数字の説明もなく、
院長は自院の状況を把握することができていないことに不安と焦りを感じていらっしゃいました。

私は最初の訪問の際に過去3年分の決算数値の分析表をお持ちし、
医院の数字について詳細に説明をして差し上げました。

そして、毎月の訪問の際にも、前月の売上や患者数の分析、
図書研修費は他医院と比べて多すぎはしないか、人件費はどうか、
などを一つ一つお話していったのです。

そうやって1年が過ぎ、確定申告のご報告をしたときに、その言葉をいただいたのです。
私はその時、院長の顔に経営者としての自信が表れているのを感じました。
「間に合わないとわかって、駅まで忘れたコートを届けてくれた院長先生」(G歯科医院様)
佐伯 直毅 ある日のことです。
私は医院でのお話が終わって、コンビニで10分ほど休憩をとっていました。

駅に着いたのは医院を出てすでに20分ほど経っていたでしょうか。
真っ直ぐに駅に向かっていれば、すでに電車に乗ってしまっていた時間。
現に電車を数本見送っており、まだホームに私が残っている可能性はほとんどなかったはずです。

「なんだか今日は寒いな…」

まだ寒い2月でしたが、私はコートを忘れたことには一切気づいておらず、
呑気にホームで電車を待っていたのです。
そんなとき、改札から猛ダッシュでこちらへ近づいてくる一人の男性の姿が目に留まりました。

「佐伯さん!コート!」。

息を切らしながら私にコートを手渡してくれた院長。
間に合うかどうかもわからない、むしろ間に合わない可能性の方が高い。
そんな状況でも駅のホームまでコートを届けてくださった院長の優しさに感動しました。

それと同時に、これまでのお付き合いの中で信頼関係がしっかりと築けていたのだと再確認でき、
とてもうれしく思った出来事でした。
トップページ
サービス内容
料金について
ご契約までの流れ
スタッフ紹介
お客様の声
会社概要
万全のサポート体制
クリニック開業支援
よくあるお悩み
私たちの考え方&ポリシー
経営ノウハウ
提携士業・企業様のご紹介
WEB無料相談
Google+
お電話お問い合わせ 受付時間/9:00~18:00(土日祝を除く) 0120-929-835 どうぞお気軽にお問い合わせください。
24時間受付WEB無料相談 訪問可能エリア:大阪、兵庫、京都、滋賀 顧問契約対応エリア:全国