ブログ

  1. トップページ
  2. 記事一覧
  3. 歯科開業
  4. 歯科医院の開業ノウハウ「スタッフ求人のポイント」
歯科医院の開業ノウハウ「スタッフ求人のポイント」


さて、今回のテーマは「スタッフ求人」についてです。
どうすれば、理想の人材をオープニングメンバーとしてそろえることができるのか、
いくつかポイントになる部分を見ていきたいと思います。

1.スケジュール

開業日から逆算すると、1か月前から研修開始、そのさらに1か月前には内定を出せているのがベストです。
求人掲載期間を1ヶ月間と考えると、だいたい開業日の3ヶ月前から求人活動を開始できるのが理想です。

4月開業なら年明けすぐ、10月開業なら7月頭、意外と早めから準備する必要がありますので、
直前でバタバタせずに済むよう、早めに準備しましょう。

2.ペルソナ

なじみの少ない単語かもしれないですが、ペルソナとは簡単に言うと、
どんなスタッフを採用したいか、架空の人物像を定めることです。

例えば
・年齢は25歳
・地方出身者で医院近くで一人暮らし
・新卒で数年一つの医院で働いてきたが、衛生士としてスキルアップしたいと思い担当制の医院に転職を考えている
・趣味はカフェ巡り
といった感じです。

一見、関係ないように思えるスペックまで想定してみることで、いざ面接したときの違和感がはっきりとするため、
ミスマッチのリスクをぐんと下げることができます。



3.求人内容

最も悩むのがこの求人内容かもしれません。

具体的には
・給与水準
・労働時間
・社会保険の有無
・福利厚生
・交通費上限

さらに、数ある医院から先生の医院にマッチする人材に応募してもらうため、
医院の特長や強み、も存分にアピールすることが必要です。

これまで面接に立ち会った中で、「理念に共感したので」「患者との距離感がイメージにあって」「滅菌対策に力を入れられていると知って」
という志望動機が意外と多かったので、忘れずに表現したいところです。

4.求人媒体

数ある求人媒体の中で、どの媒体を使うか、予算もあることなので非常に迷うポイントです。
まずは「とらばーゆ」などのメインとなる有料媒体を地域や求める人材に応じてセレクトし、
「グッピー」や「インディード」といった比較的低予算で利用できる媒体を補助的に併用する方法をお勧めしています。

ハローワークもいまでは全国からネットで求人検索できるようになり、利用する方も増えてきています。
もし、未経験者の受付助手をお探しの場合は、無料ですし積極的に利用してみてください。

5.面接

面接でどんな質問をすれば良いのか、場所はどこでするのか、時間はどれくらい、など初めての面接ではわからないことが多いのではないでしょうか。

スタッフ面接のポイントはこちらの記事をご参照ください。
記事一覧
カテゴリ一覧 :「ブログ」「お知らせ」「開業物件(医科)」「開業物件(歯科)」「医科開業」「歯科開業」「医科経営」「歯科経営」「会社・個人事業 経営」「事業承継

ページトップ